使命がわかれば道が開ける   Where there's a mission, there's a way.
クライアントの皆さまへ

名前と生年月日から人生の使命を、タロットカードで特定の事象に対する天命を読み解いていくセッションです。

カウンセリングでは相性が一番です。当方がどういう価値観や人生観を持っているか事前にご確認いただけるよう各種記事をご用意しています。また人間は「生物」ですので必ず変化します。ご期待に応えられるよう研鑽を続けてまいりますので宜しくお願いします。

またカウンセリングにお越しになるのが難しい時はそれぞれの課題に関わりのある書籍、映画、ポッドキャストなどをご紹介していますので、そちらもご活用ください。心豊かにお過ごしになれるようお手伝いできれば幸いです。

2019年06月19日

Movie No.20 MADAME [by 3rd eye] landing point

This movie shows us image-driven people at a banquet in France, where a maid was suddenly forced to attend it as a guest.

Dandelion's fluff lands and buds at a new place after flying so long to carry its life to the next generations.  How should we find out our whereabouts?  What will be necessary to be naturally shining wherever we go?  The strongness and fragility of various factors such as positions, economic strength, occupation, intellect, and dignity, are presented in the movie. The process reminds us of what we should hone for personal development.
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 15:13| Movie Reviews with the third eye 2019

映画 No. 641 『マダムのおかしな晩餐会』 / 着地点

晩餐会で給仕するはずのメイドが急遽ゲストに変身し、皆が振り回されていく様子を描いたフランスを舞台にしたお話です。

たんぽぽの綿毛は遠くまで飛んで新しい場所で発芽して次世代へ命をつないでいきますが、人間はどうやって自分の居場所を見つけていくのがよいでしょうか。どんな場所に置かれてもその人らしく自然体で輝けるには何が必要でしょうか。身分、経済力、職業、知性、品格など本人を取り囲む様々な要素の持つ力の強さと脆さが劇中では同時に示されています。人として何を磨いていくべきか考えさせられる作品です。

原題:MADAME
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 14:47| 第3の目で見る映画・ドラマ 2019

気になるところから 『ねこ先生トト・ノエルに教わる ゆるゆる健康法』

生活改善の必要性を感じつつ、どこから手を付けていいのだろうかと思っている方にこちらの本はお勧めです。コミックエッセイの形で東洋医学の初心者に向けて春夏秋冬の過ごし方、普段気を付けた方がよいもの、食材の選び方などをわかりやすく教えてくれます。いきなり漢方の字がビッシリ詰まった本を購入しても途中で挫折してしまうことが多いと思います。漫画形式でシンプルにまとめていますので、入門編としてだけでなく、ある程度知識がある方にとってもリフレッシャーとして頭の中を整理するのに役立つと思います。

巻頭の監修者の言葉に「折り目」の話が出てきます。生活習慣病や体質へのアプローチを理解するのにとてもすとんと腑に落ちる言葉でした。

ねこ先生トト・ノエルに教わる ゆるゆる健康法
simico (著), 櫻井 大典 (監修)
出版社: KADOKAWA (2018/10/26)
ISBN-10: 4040699513
ISBN-13: 978-4040699516

posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 13:11| 療養 本・映画

2019年06月13日

Movie No.19 CHALARD GAMES GOENG / BAD GENIUS [by 3rd eye] awareness

This movie shows us Thai high school students cheating on the SAT to get a short-cut way to university life in the U.S.A.

They are rapidly leaving the path of righteousness though they try hard to win the academic background. The struggle looks painful at a deep level. What can the students view after crossing over the line which they should never proceed further?

The more they get in the dead end, the more consciousness arise.

This movie tells us the critical theme in our lives that whatever the next step is, we must acknowledge by ourselves first.
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 21:09| Movie Reviews with the third eye 2019

映画 No. 640 『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 / 気づき

留学のための替え玉試験をたくらむ高校生たちを描いたタイのお話です。

熾烈な学歴社会の中で勝ち抜こうと、様々な手を駆使して急速に道を外れていく高校生たちの姿が痛々しく映ります。超えてはならない一線まで超えて見える世界に何が果たして何が広がっているのでしょうか。主人公たちはどんどん精神的に追い詰められていきますが、そこで同時に台頭してくるのは彼らの良心です。

どんなことも自分で気づかなければ次のステップに進むことはできないという大きな人生のテーマを教えてくれる作品です。

原題:CHALARD GAMES GOENG/BAD GENIUS
タグ:気づき 良心
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 20:39| 第3の目で見る映画・ドラマ 2019

2019年06月09日

邪気払いに勢いを 『傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考』

別の記事でご紹介した枡野 俊明氏の著作をもう1冊紹介します。
失敗、悩み、後悔、恐れ・・・自分の心にブレーキをかけたり傷つけたりするのは「自分自身」であることが多いと思います。弱虫の自分に対して叱咤激励するにはそれなりの言葉が必要です。単に気力で乗り切るのはまず無理ですし、そこには成長がありません。そんな時にこちらの書籍はきっとよい処方箋になると思います。

纏わりつくような嫌な思いに縛られた時、皆さんはどうしているでしょうか。この世を生きていくには邪気との共存が必須です。邪気払いにはいろいろな方法があると思いますが、この本の中で取り上げられていたのは「勢い」でした。うじうじ悩んでいるならまず思い切って行動してみること。これは単に気持ちの問題だけでなく、これから梅雨の間、気圧や天候のせいですっきりしない体調が続いて生活のトーンが下がり気味な時にも適用できますね。

また「失敗のない人は気の毒な人」という趣旨の本田宗一郎氏の言葉も紹介されていました。何でも成功、スマートに人生発展させたいと思うのが一般的だと思いますが、失敗大歓迎の大きな器を備えた人間になりたいものだと思います。泥の中から花を咲かせる蓮華が思い出されるお話でした。

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考
枡野 俊明  (著)
出版社: 文響社 (2017/4/26)
ISBN-10: 490507388X
ISBN-13: 978-4905073888
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 10:34| 人生を考える 書籍

七走一座 一日一止 『心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」』

禅僧、庭園デザイナー、執筆家、大学教授など多彩な顔を持ち幅広い世界で活躍する著者が日常生活の節目に活用できる禅の教えをわかりやすく伝えている書籍です。

努力のサイクルに入っていると立ち止まって過去を振り返ることを怠ったり、自分に休息を与えることに罪悪感を感じることがあると思います。自分では努力の方向性が間違っているのではないか?、やり方を改善した方がよいのではないか?と心のどこかで思っていたり、肉体的に疲れを感じているにも関わらず、動きを止めることへの恐怖から逃れられない場合もあるのではないでしょうか。

この中で「七走一座」という禅の言葉が出てきます。
7回走ったら、1度座る。
自分の中で「止まり時」がわからなくなったらぜひ思い出したい言葉だと思います。

また一日一止という中国古典の言葉も紹介されていました。
一+止→正
奥が深いですね。

他にもマルチな活動で実績を重ね、グローバルに展開している著者の時間管理術についても述べられています。単にタスク管理ということではなく人生観をしっかり持つことの意味が説かれています。

心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」
枡野 俊明  (著)
出版社: 三笠書房 (2013/8/22)
ISBN-10: 4837925081
ISBN-13: 978-4837925088
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 10:12| 人生を考える 書籍

2019年06月08日

Movie No.18 CE QUI NOUS LIE/BACK TO BURGUNDY [by 3rd eye] revisit

This movie illuminates us the struggle of the 3 children inheriting family's vineyard and winery.

There are some incidents which keep asking us about our opinions, although the final answers were already made a long time ago. It is such a mystery that the reply can vary due to the aging and family environment's change even though our minds remain as they were.

Besides our personal change, IT social environment and shifting of infrastructure may affect the response. 

If you have issues pending in the lifetime which repeatedly remind you to solve, the characters through the torture in this movie may empower you in some way.
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 16:58| Movie Reviews with the third eye 2019

映画 No. 639 『おかえり、ブルゴーニュへ』 / 再考

親のブドウ農園とワイナリーを相続するにあたって子どもたち3人がそれぞれの立場でぶち当たる壁と新しい道を描いていくフランスのお話です。

一度決断したはずの出来事について何年か経って改めて回答を求められることがあります。自分の気持ちは何も変わっていないはずなのに、自分も年を取り、家庭環境が変わったという物理的な変化によって出てくる答えが異なってくることもあります。また今だとIT社会となって社会環境やインフラが大きく変わっているので出せる答えも違ってくるでしょう。

もし自分の人生の中で未解決事案があり、何度も自分に回答を迫られることが続いてしまった時、同じように悩み苦しみながら少しずつ前へ進んでいく主人公たちの姿が何か力を与えてくれるかもしれません。

原題:CE QUI NOUS LIE/BACK TO BURGUNDY
続きを読む
タグ:変化 受容 経年
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 15:55| 第3の目で見る映画・ドラマ 2019

2019年06月02日

エレベーターはどこ? Yahoo!乗換案内(3) 駅情報充実

お出かけする時にスーツケース、ベビーカー、車椅子、松葉杖、歩行困難など様々な理由で駅の「階段」で困ることは多いと思います。そんな時に駅のバリアフリー情報もYahoo!乗換案内では充実しています。PC検索、スマホ検索どちらでも検索結果で出てきた駅名のところをクリックすれば、
・バリアフリー状況(段差なしの移動経路)
・エレベーター
・エスカレーター
・多機能トイレ
などの情報が記載されています。

いつも利用して勝手がわかっている場所でしたら特に問題ありませんが、初めて訪れる場所でこうした情報が事前にあれば無駄に疲れたりしんどい思いをすることもありませんね。
posted by 長原博子 Hiroko Nagahara at 13:41| 人生を変える アプリ